金融業界へアピール

金融業界へ就職するために

金融業界に就職する志望動機

金融の業界に就職を考える時に志望動機をアピールする前には、事前に業界の仕組みや現場で活躍している銀行員などの業務内容を把握しておく事が大切です。実際にOBやOGの所に訪問してから業務内容や運用の仕組みなどを尋ねて、誰にも負けない程度の知識を身に付けておくと他の応募者と差を付けられやすいです。金融業界に就職する理由を志望動機に盛り込む事も大切で、事前に仕事の内容を研究して、将来的にプロになる意識を持ちながら具体的に採用担当者に伝える事が大切です。学校や独学で学んだ知識を羅列しながらアピールするのではなくて、業界に関する思いや自分の将来像をアピールする事を盛り込む事も良いです。

金融機関へ就職を希望する方へ

金融機関へ憧れ、そこへの就職活動に余念のない学生さんが、巷では多く見受けられます。彼らはリクルートスーツに身を包み、一生懸命に就職先企業のホームページなどを見て勉強し、来るべき採用面接に備えていることが想像されます。都市銀行や証券会社などでは、30代の若いころに年収1,000万円を超えることも夢ではなく、その点では憧れの職業のひとつであることに間違いはありません。しかし、年収が多いということは、それだけ仕事をしなければいけない、企業にそれなりの利益貢献をする必要があることを肝に銘じるべきです。金融機関の年収は確かに高いと思われます。しかし、それに見合うだけの厳しく辛い仕事が待っているという現実を、学生さんは忘れてはなりません。

↑PAGE TOP